トップページ > SSRブログ > 第1回 荒木町カレーフェスティバル

seiseki squareSSRブログ

2018/07/09

第1回 荒木町カレーフェスティバル


 
 
 せいせきも含め、世の中の大半というか、ほとんどの商店会の企画が、日々、マンネリ化し続けている。共通原因は、それらの役員が高齢化していることに他ならない。役員の平均年齢が還暦を遙かに過ぎているようでは、お客様の購買主力年齢層のピークとかけ離れてしまっていて、両者が興味を共有できる『地域に合った企画』は欠乏を来す。
 そもそも歳をとると発想力が鈍ってくる。作家が、歳をとって作品を書けなくなってくるのと同じ理屈である。

 さて、新宿区荒木町というと、昔、花街のあったところで、それを知って街を歩くとなかなか粋な雰囲気が伝わってくる。経営者の世代交代がちょうど済んだようで、活発な販促活動が矢継ぎ早に出てくる。『駄目だったら止めればいいので、とにかくやってみようよ』という精神がみなぎっている。

 荒木町杉大門商店街で店を張る旧友が、新企画を案内してくれた。
「それはもう神保町商店会がやっていることだから…」などという、やってもみずに土瓶口を出す年寄りがいないからこその成せる技だろう。
 別に嫌みを言うつもりのこの記事ではないが、私達の先代の頃は、販促企画は何をやっても盛況で、それを知っているだけに現状は歯がゆい。



【The Animals / We've Gotta Get Out Of This Place】

 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る