トップページ > SSRブログ > それぞれの季節のいち日

seiseki squareSSRブログ

2018/03/13

それぞれの季節のいち日


 
 
 その日最初の陽の光は『向ノ岡』のさらにその向こうから、連光寺旧農林省鳥獣実験場辺りの山並みを越えて、この多摩川べりの街『せいせき』に届く。

 それぞれの季節の気持ちのいいいち日。もし散歩に出かけるなら、道筋は陽射しの美しさで選びたい。

 例えば春、陽気溢れる四月の午前九時なら、旧多摩聖蹟記念館下の『大谷戸公園』。
 額に汗の滲む初夏、六月の午前十一時なら和田原の『昔道』 ----- 畑道の中に『あっち小野路 こっち三澤』という古く可愛らしい石柱がある。
 そして盛夏、八月の午後一時なら、関戸坂下『原峰公園』の木陰が爽やかだ。
 しかし、きみとふたりで歩くなら、例大祭の後の秋十月、午後三時の東寺方『山神社』の杜を忘れるわけにはいかない。

 晩秋の夕暮れ、市立交通公園から眺めると、大栗川の上流、遥か宝蔵橋の彼方に沈んでいく夕日が美しい。

 

【The Hollyridge Strings / One Fine Day】

 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る