トップページ > SSRブログ > いつか過ぎたある日

seiseki squareSSRブログ

2018/09/05

いつか過ぎたある日


 
 
 
 多湿だった気候も暦を改める頃になると、残暑ながら、日没後の涼風にハッとさせられる夜もある ----- それは、ウエイティング・サークルにとどまっていた季節とすれ違う瞬間。

 その時分ともなると夏の思い出は、静かに乾いて、雑多なドライフルーツのように記憶の器に蓄えられる。

 いつか過ぎたある日、わたし達は突然思い出したように、そのうちの一粒を摘まんで口に運び、じっくりと噛みしめたりするのだ。




【Paul Davis / Cool Night】


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る