トップページ > SSRブログ > 本棚の片隅で

seiseki squareSSRブログ

2018/09/28

本棚の片隅で


 
 
 
 『夏』の後ろ姿もすっかり見えなくなった、神無月最初の朝を迎える頃、村の至る所で金木犀の蕾が一斉にほころぶ。

                   ***

 昔、調香を仕事としていた友が、その花の香りを香水にしてくれたことがあった。その透明な滴壜に詰められた香りは、淡い想い出とともにいつの間にか揮発してしまったけれど、時折、本棚の片隅で埃をかぶるその空き壜に目が留まると、あの眠りを誘うような香りを今も思い出すのだった。




【Nick De Caro / I'm Gonna Make You Love Me】


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る