トップページ > SSRブログ > B.Y.O.(Bring Your Own “Bottle”)

seiseki squareSSRブログ

2018/10/20

B.Y.O.(Bring Your Own “Bottle”)


 
 
 
 三十年程前からオーストラリアやアメリカ西海岸のレストランで、B.Y.O.という表示を見かけるようになった。ここ十年ほどでは、ほぼ定着したと言っていい。それは、Bring Your Own “Bottle”の略。自分の気に入っているワインを店に持ち込み、『開栓料』を払い、グラスを借りて飲むシステムである。店はワインの在庫量を減らせるし、客は気に入ったワインを持ち込み、高価なワインを安く飲めるというメリットがある。今のところ日本での『開栓料』の相場は、およそ千円ほど。ぼくの知っている限り、『せいせき』の近隣では今のところ二軒。

 一軒は東寺方にあって、酒のディスカウンターの店内に併設の店飲みできるパン屋さん ----- 週末のランチに月一、二回使っている。そこは小規模故、近隣に他の飲食店もないことから影響は少なかろうが、『ステーキ・ハンバーグ・焼き肉店の密集地』八王子市松木にこの間新規出店した『いきなりステーキ』の店内表示にそのB.Y.O.を見つけ、日本の先発飲食店は、もっと進化しないとイケないと思った。
 ニューヨークでも出店スピードを加速している日本発の『いきなりステーキ』、さすがに『世界』を視野に入れている企業は違うと感じた。

 2020年までに逆上陸・東京進出を予定している、アメリカン・ステーキの最高峰 / 創業130年の老舗 / ニューヨーク・ブルックリン『ピーター・ルーガー・ステーキハウス(PETER LUGER STEAK HOUSE : https://peterluger.com)』にとっても、『いきなりステーキ』は思わぬ伏兵であるに違いない。


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る