トップページ > SSRブログ > スノーバード、あるいは冬の渡り鳥

seiseki squareSSRブログ

2018/03/20

スノーバード、あるいは冬の渡り鳥


 
 
 さて、今日は、ひとつの季節が終わって去っていく人のお話。

 関東人には軽井沢や那須高原が避暑地としてとりわけ有名だが、私達は寒さには強いせいか、外国人が好むような冬暖かい避寒地の需要が薄い ----- 温泉場が、それに取って代わっているのかも知れない。
 アメリカでは避寒地で冬を過ごす人のことを SNOWBIRD (ユキヒメドリ、ユキホオジロ)と呼ぶ。暖かくなると、また元いた所に帰って行ってしまう渡り鳥のようだからだろう。

 人生にも結婚や栄転などという季節の推移があって、ひとつの季節が終わると次の季節に向けて住みかを変える人がいる。

                  

 『せいせき』の南・さくら通りにとあるカフェがあって、そこは、店主が変わる時、それまでいた従業員、あるいは店主の友人が引き継ぐという作法を踏襲している。だから店構えは変わらず、メニューも主要なものはおおかたそのまま。お客もまたそのまま。世の中に全く無いパターンではないが、そう頻繁にある事例でもあるまい。

 この度、その二代目店主に祝儀絡みの話が持ち上がり、三代目は、二代目の友人が引き継ぐこととなった。G.W.休み明けに厨房 & ホール・スタッフが入れ替わるという。その先は、二代目店主とは頻繁に会えなくなるので、お顔見知りの方は、交代までに精々ご来店を...。


『Cafe Terrace シナモン』(桜ヶ丘南口商店会)
http://seiseki-s.com/htm/shop/detail.asp?id=m025



【Anne Murray / Snowbird】

 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る