トップページ > SSRブログ > 東京でまた会いましょう

seiseki squareSSRブログ

2018/12/13

東京でまた会いましょう


 
 
 
 一生のうちで自国開催のオリンピックを二度も見られるというのは、世代的に見て、なかなかありそうでなさそうな話だとか。

 筆者の世代は、前回の東京オリンピックは、記憶力も十分な小学五年生。
 オリンピック史上初の有色人種国開催とあって、新興のアフリカの国々にとっても敷居が低かったようで、その前のローマ・オリンピックより20ヶ国ほど参加が増え、100ヶ国を超えた。

 東京オリンピックの記憶に残る場面を詳細を伴って挙げたら、それこそ沢山あって、このコラムの予定文字数では収まらない。まぁ、それらについては次のオリンピックまでの時間を使って追い追い触れていきたい。

 その四年後のメキシコ・オリンピックは、反対に思い出がほとんどない。その時は中学三年生で、他にいろいろ興味の対象も増え、オリンピックどころではなかったようだ。

 東京オリンピックのひとつ前のローマ・オリンピックの時は、今度は小学一年生で幼過ぎたせいか、これまた興味を持てなかったようで、すこぶる記憶に薄い。

 ただ、ローマ大会の閉会式で、メイン・スタジアムの灯りが落とされ、電光掲示板に『1964年に 東京でまた会いましょう』と表示されたとき、それを説明するテレビのアナウンサーの声に微妙に感動したのを覚えている。


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る