トップページ > SSRブログ > 獄中からの手紙

seiseki squareSSRブログ

2018/12/18

獄中からの手紙


 
 
 
 このコラムとしては、昨日、実にヒッサシ振りに、このHP主催者側担当責任者から『掲載不許可』の判定を頂戴致しました。二度目です。とは言っても、このコラムが始まって、まだ一年も経たずに二度なので、先の大戦中なら、筆者は獄中の人かもしれません。

 ところで、前にも書きましたが、このコラムは『好きなことを書いていい』ということで始まりました。しかし、付帯のお約束に『消しなさいと言われたら、理由を問わずにすぐに消す』というのもあって、それはそれでお約束ですから、どこぞの隣の国のように「そのお約束は昔のことなので、今は知りません」的なことを言ってはいけません。って言うか、こういう余計なことを書くから翌朝七時頃、「ハイ、消しなさい!」という電話が掛かって来るのであります。

 一回目の不許可記事は、そんなことから幸運にも読めた読者は推定二十人ほど。二度目は、商店会連合会情報局(このHP主催者側担当責任者)が目を離している隙のことだったので百二十人くらいの読者が読めたようです。

 今日のこの記事は、今日の午前零時を回ると自動掲載される設定になっているので、もし、明日、見当たらなくなっていた時には、三度目の掲載不可になったものとご理解頂けますと、再度の説明の必要が無く、筆者としては全くもって手を抜ける次第であります。




【Johnny Rivers / Secret Agent Man(米TVドラマ『秘密情報部員』のテーマ)】


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る