トップページ > SSRブログ > リリカの話

seiseki squareSSRブログ

2019/01/01

リリカの話


 
 
 
 新年早々、リリカの話をしたい。

 リリカと言っても、同伴出勤を迫ってくる、場末のキャバクラ女子の名前とは違う。それならむしろ、リリ子あたりじゃないとおかしい ----- 今時、リリ子なんて名前のホステスなんかいるもんか。なつかしいコミさん・田中小実昌の小説になら出てきそうな名前だが、それにしたって、何十年か前の新宿ゴールデン街にタイムスリップしなきゃ駄目だ。

 まぁ、取り敢えず話を元に戻して...。

 リリカは神経痛の薬である。
 膝の痛みや腰痛で飲んでおられる方も少なからずおいでだろう。年代によっては、めずらしくない薬かも知れない。筆者も脊柱管狭窄症というので、ここ一年ほどこの薬の厄介になっている。

 本日の話題は、その副作用。筆者が気にするのは、いくつかある副作用のうちのふたつ。
 ひとつは、睡魔。それも不意に襲われることがあるというので、『疲労・寝不足時』の運転などには特に気を付けたい。いつの間にか寝ていたということが起こるのだ。
 もうひとつは、体重増加。こういう神経に作用する薬には、たまに能書に書かれてある副作用なのだが、満腹の信号が脳に届くのが多少緩慢になるようで、その間に多少食べ進んでしまう分が積み重なってデブになるわけである。

 最近、行く先々で、太ったねと言われること多し。
 だらしなく飲み食いしているように思われるのは不本意だが、リリカの説明をすると長い話になるので、その指摘は甘んじて受け入れることにしている。最近、腹が出てきたのも、みんなリリカのせいである。


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る