トップページ > SSRブログ > 困ったときの『吉呑み』ではあったが...

seiseki squareSSRブログ

2019/01/23

困ったときの『吉呑み』ではあったが...


 
 
 
 毎週火曜は魔の曜日で、筆者が普段飲食している店がすべて定休日。特にお酒を飲みながらの夕餉が不自由だ。

 ということで、久し振りに中央商店会会員『牛丼の吉野家』の『吉呑み』に行った。
 久々故、飲みながらメニューの端から端までくまなく目を通した。その中に目をひく一枚あり。
 吉野家ホールディングズの会長や吉野家の社長、商品開発本部長が、それぞれに『吉野家のメニューを俺はこう食う!』と持論を展開しているのだ。なるほど、どれもこれも、吉野家を知り尽くした常連客ならではの食い方ばかり。社長の河村さんの『つゆぬき牛丼にお新香をのせ、七味をたっぷり振って食う』というのは盲点だった。話すと長くなるので、写真を拡大してみて頂きたい。

 あなたの食べ方も募集中!


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る