トップページ > SSRブログ > 苺のショートケーキ

seiseki squareSSRブログ

2019/01/29

苺のショートケーキ


 
 
 
 東京都南多摩郡多摩村(町制施行は昭和39年(1964)4月1日から)で昭和30年(1955)以前に生まれた子供達が『ストロベリーショートケーキ』を初めて食べたのはいくつになってからのことだったろう。

 そもそも、そんなものを売る気の利いた店が『せいせき』にはなかった。

 筆者がポテトチップス(湖池屋製造)を生まれて初めて食べたのが、もうすぐ中学生といった頃 ----- とにかく、ポップコーンだろうがアイスクリームだろうが売ってなかった。

 まったく、なんにもなかった!

 唯一、関戸地区の子供達の娯楽の殿堂は、京王住宅のはずれにあった、通称『小田野さん』と呼ばれていた駄菓子屋さんたった一軒のみ。

 あの頃の多摩村とは、いったいなんだったのか。


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る