トップページ > SSRブログ > 寺田寅彦

seiseki squareSSRブログ

2019/01/30

寺田寅彦


 
 
 
 今時は自宅に古い文学全集でも無い限り、寺田寅彦などという文筆家のエッセーなんぞ、わざわざ買ってまで読む人はいないだろう ----- 読めるとすれば岩波文庫だろうが、それだって、今現在版が在庫切れているかどうか知れたもんじゃない ----- いつ頃の人かというと、熊本第五高等学校の学生時代、夏目漱石に英語を習ったという人だ。

 その人が、エッセーの一節に『健康な人は、いつ病気になるか心配しないではいられないが、今病気の人には、快癒したらあれもしたいこれもしたいという希望がある』のようなことを書いている。

 正月早々肺炎で入院し、未だ加療中の友がいる。まだあと一、二週間は退院できないらしい ----- そんなことがあって、そのフレーズを思い出したのかも知れない。

 今ここで欧米式のエッセーと、日本式の随筆・随想との違いを説明しようとは考えていないが、その一節など、全くエッセーらしい表現だと、さっきから感心し通し。


 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る