トップページ > SSRブログ > 337キロメートル

seiseki squareSSRブログ

2018/05/18

337キロメートル


 
 
 この夏の初め、久しぶりに帰省したというきみを、偶然、街で見かけた。

「しばらく会わないうちに太ったでしょ」ときみ。
「そうかなぁ」とぼく。
「二十代の頃は、お腹がペッタンコだったの、あなた、よく知ってるじゃない」きみが気になる辺りをさすりながら言う。

 この四半世紀、きみは、たった一度の結婚に失敗して、今も嫁いだ先の街に一人で暮らしていると聞いた。

 小柄なきみに見上げられながら、結婚しているのかと小声で聞かれ、縁が薄いようでまだだと明かす ----- この四半世紀、ぼくは、結婚に至らない恋愛を三回した。

 わずかな時間の立ち話 ----- 連絡先も聞かないまま彼女と別れて、またそれっきり。

 昔、きみが、煮え切らないぼくをあきらめて他の人と結婚したあとも、ぼくは時折、申し訳ない気持ちできみを思い出しては無性に会いたくなることがあった。現実は、337キロメートルという、急にはどうしようも出来ない距離が、ぼくときみを隔てているというのに...。



【J.D.Souther / Go Ahead And Rain】

 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る