トップページ > SSRブログ > バナナチップス日和

seiseki squareSSRブログ

2018/06/01

バナナチップス日和


 
 
 ところで、首都ワシントンD.C.のコロンビア・ハイツに、太古に隆起した海岸段丘があって、昔そこに暮らしたインディアン達は自分達の部落をマンナハッタと呼んだそうだ。それが所を移し、なまって、今日のニューヨーク・マンハッタンになったという。

 さて、今日、休日の午後、ピクニックがてらセントラルパークまで足を伸ばした。

 先週、アパートメントの隣に住む、ロシアの文豪トーストイ似の老人が自ら揚げたという『バナナのチップス』とアメリカン航空でパイロットをしている友人コールフィールドくんのアフリカ土産、ケニヤ産の『緑のお茶』という名の、煮出せば真っ赤な色のお茶をサーモスに入れて持ってきた。味から推測すると、南アフリカの一部に自生するルイボスを移植したもののようだ。多少酸味は抑えられている。

 セントラルパークもこの辺りには、マンナハッタの時代の人達が狩猟で駆け巡った頃の雰囲気が残る。
 跳躍するリスが、半ば餌付けされたように『彼等』の方からベンチのまわりに近寄ってくる ----- リスって男性名詞、それとも女性名詞、どっちで受けるんだったっけ!?

 ベンチにもたれて見上げる空。パレードでもやっているのだろう。遠くでブラスバンドの音が聞こえる。

 ふと、「天使なんてどこにだっているさ」、なんて思ったりする。とりわけ、こんなバナナチップス日和の午後には...。



【Gary Lewis & The Playboys / Green Grass】

 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
コメント:

△ページ上部に戻る