トップページ > 匿名作家のせいせきブログ

seiseki square

匿名作家のせいせきブログ

匿名作家によるせいせき物語

2018/07/15

なにもかも


 
 
八月 ティーン・エイジの休暇中の記憶
瞼に古い音楽堂の風景が映る

思い出の欠片は
今も 日比谷の夏の公園の
木立の陰に見つかるかも知れない

『昨日読んだ 古い本も 青いカビの生えた本』
続き・詳細ページへ

2018/07/13

正午に湯島聖堂で


 
 
 いつもどおりの潮騒が聞こえて、海に永遠の夏が覆い被さっているような午后のことだ。

「お互い、覚えていたら、来週の今日、東京でまた会いませんか」
 防波堤の焼けたコンクリートの陰で、知り合って間もないきみが言う。
続き・詳細ページへ

2018/07/09

第1回 荒木町カレーフェスティバル


 
 
 せいせきも含め、世の中の大半というか、ほとんどの商店会の企画が、日々、マンネリ化し続けている。共通原因は、それらの役員が高齢化していることに他ならない。役員の平均年齢が還暦を遙かに過ぎているようでは、お客様の購買主力年齢層のピークとかけ離れてしまっていて、両者が興味を共有できる『地域に合った企画』は欠乏を来す。
続き・詳細ページへ

2018/07/06

午睡の夢 ----- カリブの風


 
 
 午睡の夢。
 大汗をかいて目覚める。
 傍らの時計を見れば、費やした時間は小一時間ほど。短いながら、不思議な次元を生きたようだ。

 夢の中できみに会った。
 ただ、きみの肌の色はぼくと違って、スペインとインディオのハーフ・ブラッドらしいカフェ・オ・レ色。
続き・詳細ページへ

2018/07/04

写真はがき


 
 
 赤く焼けた肌がパラソルの色と良くマッチした観光客向けの写真はがきをきみが送ってくれたのは、タイのカオラックのビーチからだったろうか、それともジャマイカのネグリルの海辺の街からだったろうか。
続き・詳細ページへ

2018/07/01

すももの花の咲く頃


 
 
 春もまだ浅い頃、イチ子さんと旧甲州街道最大の難所、笹子峠を歩いて越えた時のことだ。
 眼下に広がる三角州の痕を左右に見ながら、国中へと下る道すがら、イチ子さんが、
「あっ、山桜かしら?」と言って指差したのが、ちょうど色も大きさもよく似た、野生のすももの花盛りだった。
続き・詳細ページへ

2018/06/30

この夏のお気に入り


 
 
 手縫いのサックドレス ----- これ、この夏のお気に入り。生地は薄い黄檗色(きはだいろ) ----- 都内方々の生地屋さんを探し回ってやっと見つけた。
 足もとは、藍白(あいじろ)のミュール ----- これは、この間、アメリカのプレイボーイ・マガジンに英文の原稿が採用されたという、大好きなアイツからの誕生日プレゼント。
続き・詳細ページへ

2018/06/27

夏のスタジアム


 
 
 遅刻した。
「あれほど今日は府中球場だって言ったのに、一本杉へ行こうとしてたでしょ? 知ってるんだから...」
 確かにイチ子さんは怒っていた。
「府中は次の試合だと思い込んでた。ひとつ前の予定と勘違いしてた」
続き・詳細ページへ

2018/06/26

あなたのおソバに


 
 
 蕎麦ッ喰いが高じて、一泊二日で信州に蕎麦食い旅に出かけて行ったことがある。
 到着日の夕飯と翌朝の食事は宿で食べるのは止むを得ないとして、その旅では、長野県内で蕎麦を計八食食べた。

続き・詳細ページへ

2018/06/25

なぜならば...


 
 
 デイヴ・クラーク・ファイヴのアメリカ進出は、わずかな差ではあるが、ビートルズよりも早く、当初はビートルズの人気をしのいだ。確かに、映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』以前の、地方港湾都市リバプール出身のビートルズの田舎っぽさと比べれば、大都会ロンドン出身のデイヴ・クラーク・ファイヴの垢抜けたカッコ良さは理解できよう。
続き・詳細ページへ

2018/06/24

ザ・まんだらやのオムレツ


 
 
 飲食業には、それぞれの街の歴史と寄り添った文化がある。

 村から町、町から市へと長い時間をかけて熟成されてきた歴史のある、例えば府中や立川などの街には、値段、味、種類がピンからキリまで、様々な年代の客それぞれの味覚と懐具合で選べる飲食店のバラエティーが豊富である。
続き・詳細ページへ

2018/06/23

きみの青と同じ色の空


 
 
 
 夏が来て きみの青と同じ色の空