トップページ > 匿名作家のせいせきブログ

seiseki square

匿名作家のせいせきブログ

匿名作家によるせいせき物語

2018/11/30

その気になったこともない


 
 
 
 好きで付き合って結婚してもしばらく経つと、多少かやたらかは別にして批判的になるのは、それは相手がよく見えてきたのが理由。

 それは飲食店に対しても同様で、好きで通いはじめた店も、あまり通い詰めると粗も見えてくれば飽きもする。もちろんこれは物販店にも当てはまることで、永きにわたり顧客の支持に応えるのは、『なりわい』にとって如何に努力を要することか。
続き・詳細ページへ

2018/11/29

年が明けると


 
 
 
 年が明けると新入社・新入学・転勤など移動の機会も増え、ひとり、家族から遠く離れて暮らす運命の人も少なからずいることだろう。

続き・詳細ページへ

2018/11/28

そうして夜が更ける頃


 
 
 
 空腹を感じたら、それを満たすだけの、なるたけ少量の粗食を摂り、陽の高いうちに眠くなれば、しばし居眠りをする。
 目覚めていれば、こぢんまりした一文をどこからか見つけてきて、幾度か声に出して読み、そうして夜が更ける頃、きみのために新たな一行を記す。
続き・詳細ページへ

2018/11/27

クリスマスだ、シュトーレンだ、でも、酒止めろ!


 
 
 
 この間、千葉県の妹分が話題にしていたスタバのシュトーレンが、ここまで簡単に手に入らないものだとは想像もしなかった。売れて、スタバの商売繁盛は大変結構。というわけで、店員さんに再入荷の日時を聞いて、今日、遂に買えた。
続き・詳細ページへ

2018/11/26

定年後、急に女房に媚びる奴


 
 
 
 冗談か乱心か、還暦を過ぎたある日、たまたま話のついでに『来世もまたあなたと一緒になりたい』と古女房に言って『私は結構です』とつれなくあしらわれたご同輩も少なからずおいでだろう。
 そうまで言われるなら、
続き・詳細ページへ

2018/11/25

なにかが足りなくなるとき


 
 
 
 なにかが足りると、なにかが足らなくなる。

 だから人生は、いつもなにかが足りない。



続き・詳細ページへ

2018/11/24

缶チューハイのラムネ割り


 
 
 

 ガリガリ君も味の種類は多いが、タカラcanチューハイもこれまた多い。

 東京下町ならではの『ラムネ割り』を飲んだ ----- 記憶に刻まれた昭和三十年頃の東京のお祭風景を思い出す。その頃は、都心を除けば、そこら中至るところ立派な田舎だった。
続き・詳細ページへ

2018/11/23

シュトーレン


 
 
 
 外気は摂氏7度。ようやく冬らしい気圧配置。

 ところでスタバが、今年、早くもシュトーレンを売出したとの情報あり ----- これは、食べに行かないわけにはいかないでしょう。普段は仕事場に近い東口のドトールに出入りしているけど、シュトーレンと聞いたからには、クリスマスまでに何度かスタバを攻めざるを得ない気がする。
続き・詳細ページへ

2018/11/20

桜ヶ丘銀座通り商店街


 
 
 
 東京は、文化面で、どの辺りで東西に線引きされるのだろうか。大雑把に言えば『銀座』と『浅草』文化圏に別れるように見える。駅前の昔からある商店街のアーケード入口に書かれた文字で明瞭だ。西へ行くと〇〇銀座商店街という呼称が多くなる一方、東へ行くと〇〇仲見世商店街というのが多くなる。
続き・詳細ページへ

2018/11/18

苦笑


 
 
 
 パリの東のはずれ ----- 深夜に小腹を空かせた雑多な職種の男女が淀み、沈殿する、一軒の終夜営業の飯屋でのことだ。

 表通りはすっかり人通りも絶え、その店のある街角だけが凍てつく夜の暖炉の熾火のように明るい。
続き・詳細ページへ

2018/11/16

おせち料理論争


 
 
 
 最早今となっては、伝統的なおせち料理に積極的に食指は動かないものの、先日、同い年の友人と、もし食べるとしたら好物三点セットはなにかという話題になった。

 そのまえに説明しておくが、関東、関西の伝統的おせち基本三点セットは、前者が『数の子』『田作り(ごまめ)』『黒豆』、後者が『数の子』『たたき牛蒡』『黒豆』という。
続き・詳細ページへ

2018/11/15

正義の限界線・デッドライン


 
 
 
 戦前、大学の新聞学科は文学部に置かれていた。しかし、そうすると正しい日本語で記事を書くには最適だが、その内容が法的に正しいのか否かを判断するには文学的・情緒的になり過ぎるきらいも免れない。
続き・詳細ページへ

2018/11/12

お歳暮


 
 
 
 お歳暮の時節なり。

 今時のお歳暮事情は半世紀前とは大きく異なり、義理のものは、およそ鳴りをひそめたようだ。

 筆者は、普段よく顔を合わせている友に、年賀状を書かない代わりに年末年始に使える簡単なお口汚しを(できれば手渡しで)贈ることにしている。


 

2018/11/11

砂糖飽和状態のラム酒


 
 
 
 キリンビールやサッポロビールなどの白文字が刷り込まれた、居酒屋用宣伝コップ程の大きさのコップにラム酒をドボドボっと入れ、あろう事か、そこにカレーライスのスプーンで山盛り一杯の白砂糖を投入(二杯入れる輩もいないことはないらしい)、多少はかき混ぜるが、確実に飽和状態だから底に大層な沈殿ができる。
続き・詳細ページへ

2018/11/09

昨日、デュッセルドルフで...


 
 
 
「丸の内じゃいつも売り切れよ。いったい誰が買ってるのかって思うわよ。でも、どこで買えたの、これ」
「昨日。正確には15時間くらい前かな。飛行機に乗る前、デュッセルドルフで...」
続き・詳細ページへ

2018/11/07

今朝、突然、気付いたこと


 
 
 
 わたしは、少なくとも九割の平凡から成り立っている。