トップページ > 匿名作家のせいせきブログ

seiseki square

匿名作家のせいせきブログ

匿名作家によるせいせき物語

2018/08/31

虹と白砂に彩られた、どこか遠い国


 
 
 
 水泳部は ----- 熱さえなければ ----- 風邪など泳いで直してしまうのは常識。でも、今日のこの『微熱らしきもの』が、風邪なのかどうか、実はハッキリしない。

 昼下がり、庭に面して開け放った出窓越しに、階下から同級生で幼なじみの水口イチ子と母の会話が聞こえてきた。部活帰りに『不肖な息子』を見舞ってくれたことに母が礼を言っている。
続き・詳細ページへ

2018/08/29

暑い日である


 
 
 
 海が近い、ここ鎌倉の古い木造住宅のほとんどは、潮風やそれが運んでくる砂を避けるため、海岸通りから少し距離を置き、周りを松などの林で囲んで建てられているのが普通である。砂の飛散を避けるため、庭に芝を貼る家が多いのも特徴と言える。
続き・詳細ページへ

2018/08/27

レトロな黄色いカレーライス


 
 
 
 1960年代まで、カレーライスというと、ルウは、こういう黄色い色をしていた。そもそもそういうルウしか市販されていなかった。それが、70年代に入って新製品の発売ラッシュが始まると、それまでのレトロなカレーは宣伝されることもなく淘汰されていった。
続き・詳細ページへ

2018/08/25

攻勢をかけた最新CM


 
 
 
 業種により多少異なるが、アメリカの今を見れば五年なり十年なり先の日本が見えてくる。今の日本を見れば、同じく、韓国・台湾・中国の未来も見えてこようというものだ。

 今のアメリカで衰退が激しいのがショッピングセンター、ショッピングモール。すべて通販の前に敗退が続き、絶滅危惧種の筆頭である。日本も五年程前にそれが話題になり、今既にそれは始まっている。
続き・詳細ページへ

2018/08/22

してやったりという顔


 
 
 
 今日の水口イチ子との会話はエキサイティングだった。

 命題を切り出したのはイチ子。
「アリゾナのグランド・キャニオンは、果たして世界で何番目に大きな渓谷でしょうか」
 大学の山岳部で一緒にロック・クライミングをしていたとは言え、ぼくには、そんな知識は無かった。しかし、無回答というわけにはいくまい。取り敢えず答えなくては...。
続き・詳細ページへ

2018/08/21

きみが旅する頃は


 
 
 
 いち日のうちに四季が巡るアメリカ西海岸。

 この夏、きみは海風(うみかぜ)に吹かれながら、サンディエゴからシアトルへ、スカイラインの彼方を目指して旅するのだという。

 春先に淡いピンクの花が満開だったアーモンドも、きみが旅する頃には、きっと沢山の実を実らせ、その重さで枝先を大きくしならせていることだろう。
続き・詳細ページへ

2018/08/20

やたら興奮する色ですが


 
 
 
 JR南武線分倍河原駅の側道に百日紅の並木がある。

 今、満開で、美しい。

 百日紅の花の色って、日本語では何色って言いましたっけ!?
 なんか、こう、やたら興奮する色ですが...。
続き・詳細ページへ

2018/08/19

あのコによろしく


 
 
 
 私事ながら、Twitterで作詞家の『あさくらせいら』さんから『イイネ!』を頂戴したので、久し振りにあさくらさんの作詞した曲を聴きたくなった。それでこの曲、ribbon の『あのコによろしく』を聴き始めているのだ。
続き・詳細ページへ

2018/08/18

西日の当たるプリズム


 
 
 
 きみは、ぼくをプリズムみたいだと言う。
 (口論になると、ぼくの発言は屈折するらしい)。
 そんな時のきみは、容赦のない、まるで夏の西日のよう。



続き・詳細ページへ

2018/08/17

誰か発音してくれないか


 
 
 
 十七歳のアルチュール・ランボーが学業を放棄し、三度目の家出をした頃、つまり1871年頃に書いた韻文を、突然、深夜に読みたいと思ったとき、それが手の届くところにある幸せ。

 ああ、韻律の美しい一節を、誰か発音してくれないか。
続き・詳細ページへ

2018/08/15

八月十五日


 
 
 
 今年もまた終戦の日。
 あの日、既に三人の兄を戦火に失い、こぶしを握りしめながら玉音を聞いた二十歳の母は「今度やるときは絶対に負けるもんか」 と心に誓ったという。今年九十三才の母は、亡くした兄たちの分まで長生きしているようだ。


 

2018/08/14

カンナやハイビスカスの花咲く道


 
 
 
 昨日いち日、ホテルの涼しい部屋に居て、
 グレン・グールドの弾く『主よ、人の望みの喜びよ』を聴いていた。

 今日はこれから潮騒の中を
 カンナやハイビスカスの花咲く道を、海へ ----- 伊勢志摩国立公園 御座白浜。
続き・詳細ページへ

2018/08/12

さながら、夕立のように


 
 
 
 それは不意にやって来た。さながら、夕立のように。